品質・安全

  • 品質の向上

私達は、お客様のご期待を超える品質の実現に向けて、2006年8月よりISO9001(品質マネジメントシステム)を 導入し、運用を始めました。 これは、品質向上のために方針・目標を設定し、その達成の為の具体的計画を定め、実行していきます。 その上で、問題があれば改善していくというシステムです。 社員全員が、少しでもお客様に喜ばれ、ご期待以上の対応をさせていただけるように、日々の改善・向上に 挑戦しています。


  • 品質方針

株式会社正栄組は、ハツリ・解体工事及びそれに付随する工事を行っています。 私たちは、環境にやさしく、ハツリ・解体工事を安全に施工できるサービスの提供により地域発展に貢献するため、社員全員による品質マネジメントシステムを確立します。 そして、次の3つの約束を果たし、ハツリ・解体工事業界での、顧客信頼度ナンバーワンを目指します。

  1. お客様のご要望を的確に把握し、お客様にご満足いただける品質のハツリ・解体工事をご提供致します。
  2. 工事に関する全ての法規制遵守、顧客要求事項への適合、並びに品質マネジメントシステムの継続的改善に力を尽くします。
  3. この品質方針を実現させるために品質目標を定め、業務の改善を図りながら工事の品質向上に、最大限の努力をいたします。
  • 安全性の追求

私達は、安全作業の実現と継続的な向上を目指して、2008年10月から「労働安全衛生マネージメントシステム」の運用を開始いたしました。 「正栄COHSMS」と名づけたこのシステムを使い、社員一人ひとりの安全意識の向上と、工事現場でのリスクを最小限に低減させる事により、 安心して働ける職場作りに挑戦して参ります。

平成31年(令和元年)度 安全衛生方針

当社は「従業員の人命尊重」を基本理念として、

安全衛生管理体制を確立し、

それぞれの持ち場・立場での安全衛生活動を展開する。

                                                                                                                                                                                                  平成31年4月1日

                                                                                                                                                                                                  株式会社 正 栄 組
                                                                                                                                                                                                           代表取締役社長 楢村伴睦

平成31年(令和元年)度 安全衛生目標

1. 死亡及び休業災害をゼロとする。

2. 高所からの墜落・転落災害をゼロとする。

3. 交通労働災害をゼロとする。


株式会社 正 栄 組

品質・安全

実践項目 ポイント
4 作業前の安全ミーティングと 適切な作業指示 ・作業内容と安全対策を指示する
・作業中の巡視で確認する
5 作業手順の周知と 遵守の確認

・必要な作業手順書を作る
・作業中に作業手順を確認する

6 電気設備の点検と 感電災害の防止 ・作業開始前に必ず点検する
・アースは所定のもので接地する
7 熱中症の予防と 健康チェック ・水分を補給し、十分休息する
・相互に顔を見て健康チェックをする
8 声掛けの励行と 意識の高揚 ・互いに声を掛け明るい雰囲気を作ろう
・危険意識を高めよう
9 交通5則の遵守と 過積載の厳禁 ・常に安全運転に心がける
・積載重量をその都度確認する
10 KY活動の励行と 対策実施の確認 ・それぞれが持ち場の危険を見つけよう
・対策は必ず実行する
11 足場の点検と 墜落転落災害の防止 ・手摺り、足場板の固定等を点検する
・安全帯が必要な場所では必ず使用する
12 4Sの励行と 通路の確保 ・いらない物を現場から持ち出す
・通路には物を置かない
1 保護具の完全着用と 使用の徹底 ・必要な保護具は必ず身につける
・正しい保護具を正しく使う
2 機器の点検と 確実な収納 ・作業開始前に必ず点検する
・作業終了後所定の場所に収納する
3 不安全行動の防止と 不安全状態の改善 ・不安全行動を見たらその場で注意する
・不安全行動の原因を見つけ排除する